棟板金の交換工事

query_builder 2023/10/09
リフォーム屋根


東日本住宅美創です👷




こちらA様邸。





他業者様から


「屋根の棟板金が浮いていると

指摘されたので相談したい」


弊社にお問い合わせいただきました。





実際見てみると

棟板金を止めている釘が無くなっていたり

かろうじてあるものの完全に浮いていたりと

劣化が確認できました。




板金を剥がすと、

貫板の状態がよくなかったので

交換をご提案させていただき

工事のご依頼をしていただきました。



劣化状況もよくわかります



弊社は写真つきでしっかりと工事の説明もさせていただきます。





写真の青い部分が貫板といいます。





この貫板に水分が浸透し過ぎてしまうと


下にある屋根材にまで水分が含まれてしまったり

棟の中心部の隙間にある

防水シートに水が溜まってしまい

穴が空いてしまう可能性もあります。





貫板は板ではなく耐性の高い樹脂性に交換しました。





この防水シート、

普段は屋根に登っても目に見えない部分ですが

(屋根ってそもそも見えにくいところですよね!)


とても重要な役割があります。





一般的に屋根の防水対策として

屋根材の下に防水シートが設置してあります。



屋根材だけで雨水の侵入が防げるのは

ほぼ不可能だからです。








屋根には湿気や雨水を逃すために

意図的に隙間が設けてあります。



〝なんで隙間が必要なの?〝と

疑問に思うかもしれませんが



屋根は家の中でもかなり湿気がこもりやすい部分で

隙間を作って逃してあげることで


カビの繁殖やそれによる腐敗、

不具合を防ぐように作られているんです。




隙間が屋根材に必要となると

雨水は必然的に侵入しやすくなります。



そうなると屋根財の下の防水シートが

いかに重要なのかがわかりますね。





この防水シートに穴が空いてしまう

リスクがある状態だったために


棟貫板の工事をさせていただきました。






弊社はお客様としっかり話し

納得の上で満足度の高い施工を

目指しております。



なにか不安なことや

分からない事があればぜひスタッフに

お声がけください。




お問い合わせは


電話・ホームページのほかに

公式ラインやインスタグラムからも

承っております。



公式ライン




東日本住宅美創インスタグラム








----------------------------------------------------------------------

株式会社東日本住宅美創

住所:東京都練馬区上石神井1丁目12−7 リフュージュハピネスタワ 701

----------------------------------------------------------------------